ENRICH(エンリッチ) https://www.enrich.jp 新しい時代の富裕層メディア Mon, 17 Dec 2018 00:00:30 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.9.9 131144462 カード会社の会員イベントレポート 3/3https://www.enrich.jp/money/card/20181217-32736 Mon, 17 Dec 2018 00:00:30 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32736 ポイ探の菊地崇仁氏が、エンリッチ読者のライフスタイルにマッチするクレジットカード、あるいはポイントの...

The post カード会社の会員イベントレポート 3/3 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
ポイ探の菊地崇仁氏が、エンリッチ読者のライフスタイルにマッチするクレジットカード、あるいはポイントの付加価値を見出す本連載。今月は、カード会社の会員向けイベントを紹介しているが、続いては、鹿島神宮カードが会員向けに特別参加枠を設けた、将棋の棋戦のなかでも注目度の高い「竜王戦」の観覧イベントの様子をお伝えする。(1/3から読む)ーーー

エンリッチ kikuchi1812-3-1

鹿島神宮で初めて開催された
「竜王戦」にホルダーを招待

藤井聡太七段が日本中から注目されるなど、将棋の人気が高まっているようです。様々な棋戦が全国各地で行われていて、なかでも「竜王戦」といえば、有名な対局のひとつですが、カード会社の特別募集枠で参加する機会に恵まれました。

竜王戦とは、読売新聞社が主催する将棋の棋戦で、すべての棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われるというもの。1組から6組にわかれてトーナメント戦を行い、各組上位11名で挑戦者決定トーナメントを実施して竜王に挑む挑戦者を決め、例年は10月から12月にかけて場所を変えながら七番勝負を行います。そこで4勝すると竜王となり、優勝賞金は4320万円で将棋界最高、七番勝負の敗者にも1620万円の賞金が渡されます。竜王位は名人位とともにプロ将棋界の頂点とされていますから、棋士はもちろん将棋ファンにとっても大注目のイベントと言えるでしょう。

今年は「永世七冠」達成の羽生善治竜王に、激戦を勝ち抜いた広瀬章人八段が挑み、10月11日~12日に東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われた第1局、10月23日~24日に福岡県福津市の宮地嶽神社で行われた第2局では羽生竜王が勝利しました。そして、第3局には鹿島神宮が初開催地として選ばれ11月に対局が行われたのですが、なんと、鹿島神宮カードが、会員を抽選で招待するというイベントを実施したのです。そこで私も参加してきました。

エンリッチ kikuchi1812-3-2

今回のイベントでは、10月31日に開催した、羽生竜王と広瀬八段の他、抽選で選ばれた将棋ファンも参加する前夜祭パーティーへカード会員合計120名を募集したほか、竜王戦の大盤解説会(カード会員枠100名)、初手見学、封じ手見学(ともにカード会員枠25名)にも募集をかけていて、私は前夜祭と大盤解説会を選びました。前者はフードやドリンク、お土産も付くので参加費は1万円、後者の参加費は1000円でした。なお、初手見学・封じ手見学ともに2000円と、どのイベントも参加費は徴収したようです。

前夜祭は午後6時に開宴でしたので、都内から車を走らせ、会場となる鹿島神宮大鳥居前の新仲家に向かいました。到着すると、会場には一般の参加者も含め、とてつもない人だかりです。それもそのはず、羽生竜王など有名な棋士の姿を生で見られる機会はそうそうなく、しかも、会話をしたりサインをもらうこともでき、みなさんの前には長蛇の列が。せっかくのフードやドリンクは手つかずになってしまいました(笑)。

The post カード会社の会員イベントレポート 3/3 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32736
“面倒な人”とのトラブルを回避する手法https://www.enrich.jp/mind/richethology/20181214-32867 Fri, 14 Dec 2018 00:00:59 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32867 人間は他人との関わりの中で生活しているので、人とのコミュニケーションを避けて通ることはできない。だが...

The post “面倒な人”とのトラブルを回避する手法 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
Iエンリッチkaya1812-2

人間は他人との関わりの中で生活しているので、人とのコミュニケーションを避けて通ることはできない。だが、関わらなければならない人の結構な割合がどうしようもない人物であるというのもまた事実である。成功者は相手が“面倒な人”だった場合、その場ではどれだけ悔しい思いをしても、徹頭徹尾、関わらない。その理由は、いずれそのような人物は視界から消えていくからである。

世の中のトラブルを魔法のように解決する方法

自分に突っかかってくる人や、激しいマウンティングを仕掛けてくる人など、世の中は面倒な人ばかりである。そのような人たちを相手にすることは時間のムダであるという話は多くの人が主張している。しかし、その場では頭に来ることも多く、不本意ながら相手にしてしまうということもしばしばである。

自分が相手にしてしまったのであれば、自己責任と言えるかもしれないが、こちらが相手にしなくても、向こうから絡んでくることも多い。そうなってくると、望むと望まざるとに関わらず、面倒な人と関わらざるを得なくなる。これが一般社会の現実だろう。

だが経済的、社会的に成功する人は、それでもなお、こうした人たちとは関わらない。では成功者は、彼等からの攻撃による不快感をどのようにして払拭するのだろうか。それは、彼等とは日常的に関わらなくても済むような、より高い社会的立場を目指すための努力に振り向けるという点に尽きる。

世の中のトラブルの大半は、実は、自身の社会的な地位が向上することで、たちどころに解消できる。

職場で絡んでくる相手がいたとしても、自身が社内で出世したり、転職でステップアップすれば、そうした人物との関係はほぼ自動的に解消される。地域における人間関係に悩んでいても、より環境のよい場所に転居すれば、そうした問題はほぼゼロにできる。

不思議なもので、その場では、筆舌には尽くしがたいような悔しさや怒りを覚えたケースでも、自身のステップアップによって相手との関係が切れた場合には、その後、ほとんど記憶に残ることはない。つまり成功の階段を上るという行為は、どうしようもない人たちとの関係やその記憶が自動的に消滅していくプロセスと言い換えることができる。

このメカニズムに早い段階で気付くことができた人から、順次、成功への道を歩むことができるといっても過言ではないだろう。

The post “面倒な人”とのトラブルを回避する手法 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32867
起業家表彰制度「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2018 ジャパン」https://www.enrich.jp/news/business_news/20181213-33001 Wed, 12 Dec 2018 23:00:22 +0000 https://www.enrich.jp/?p=33001 モナコ政府観光会議局(所在地:モナコ公国)は、2018年12月4日(火)にEY Japanが開催した...

The post 起業家表彰制度「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2018 ジャパン」 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
news181213

モナコ政府観光会議局(所在地:モナコ公国)は、2018年12月4日(火)にEY Japanが開催した起業家表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2018 ジャパン」(以下、EOY Japan)アワード・セレモニーに協賛し、去年創設された「グローバル・エクスペリエンス・モナコ賞」を1名に授与した。

EOY Japanは、日本の起業家を国際的なステージに輩出する起業家表彰制度で、本年で18年目を迎える。アワード・セレモニーでは、「Master Entrepreneur of the Year部門」3名と全国から選出された「Exceptional Growth部門」11名のファイナリストが表彰された。更に、「Exceptional Growth部門」のファイナリストの中から部門大賞が1名選出され、「Master Entrepreneur of the Year部門」のファイナリスト3名とあわせた計4名の中から厳正な審査の結果、2019年6月にモナコ公国モンテカルロで行われる世界大会に出場する日本代表として、株式会社大創産業 創業者 矢野博丈氏が選ばれた。

昨年創設され、今年で2回目となるグローバル・エクスペリエンス・モナコ賞は、今後グローバルでの更なる活躍を期待されるアントレプレナーとして、「Exceptional Growth部門」大賞受賞者にモナコ政府観光会議局が授与するもの。受賞者には、2019年6月にモナコで開催される世界大会「EY ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」への参加機会を提供し、彼らの企業活動を支援している。

今回グローバル エクスペリアンス モナコ賞には、株式会社ベネフィット・ワンの代表取締役社長 白石徳生氏が選ばれた。

▼表彰カテゴリー
Master Entrepreneur of the Year部門
・東証一部上場もしくはそれに準ずる企業の創業者。
・業界や市場を代表する存在。
・海外で企業活動を展開し、グローバルな影響力を有する。
・ビジネスモデルの競争優位性・技術力・マーケティング力が国内外で注目されている。
Exceptional Growth部門
・事業を成功に導き、注目度が高まっている、あるいは注目されている存在。
・後進のアントレプレナーのロールモデルとなる存在。
・海外で一定の影響力を有し、更なる展開拡大を予定している。
・革新的な技術やビジネスモデルによって事業を展開している。
・著しい成長をとげた、あるいは成長途上であり、今後さらなる成長が期待されるアントレプレナー
グローバル エクスペリエンス モナコ賞(副)

The post 起業家表彰制度「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2018 ジャパン」 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
33001
生誕120年を迎えたエンツォ・フェラーリhttps://www.enrich.jp/style/ferrari-by-numbers/20181212-32928 Wed, 12 Dec 2018 00:00:22 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32928 エンツォ・フェラーリが 如何に特別な存在であるか 「エンツォ・フェラーリの誕生が19世紀であるという...

The post 生誕120年を迎えたエンツォ・フェラーリ appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
エンリッチ_fbn6

エンツォ・フェラーリが
如何に特別な存在であるか

「エンツォ・フェラーリの誕生が19世紀であるということを考えると信じ難いものがあります」。そう話すのは、フェラーリの会長兼CEOを務めるセルジオ・マルキオンネです。彼はこれに加えて次のように述べています。

「エンツォの教訓はかつてないほど現実の問題に直結していて、彼が有していた現代的センスにも確かなものが感じられます。エンツォは非凡なるビジョンを抱いていた人物であって、企業家精神と類まれな勇気を持ち合わせていたうえに、人やリソースのマネージメントにも長けていました。

彼が現在の技術的リソースや知識に接することができていたら、どんな業績を残していただろうかと思うことがあります。彼がこの世に残した足跡は、フェラーリのスタッフ全員およびイタリア全体にとって、誇りの源であり続けています」。

このようなプレスリリースが全世界に発信されたのは今年の2月18日のことだった。イタリアの、そして北米の自動車産業を牛耳る巨人が、この120年前に生まれた男の存在をここまで称賛するというところにフェラーリというブランドの凄さがある。

エンリッチfbn6-1

フェラーリのユニークさは何をおいてもエンツォ・フェラーリという創業者のパーソナリティの存在感だ。これが未だに世界中に共有されているということは、とんでもなく特別なことだ。そもそも、イタリアの片田舎に存在する総従業員数たかだか数千人の会社の存在を老若男女が知りうるということ自体、相当優れたブランド戦略を古くから持ち続けていたことを意味するのだが・・・。エンツォの生まれ年である1898年生まれといえば日本では宮沢賢治や井伏鱒二ら、である。その100年以上前の人間の生き様が現在でもリアルに生きているかのように語られているというのは考えられないことだ。

エンツォはアルファロメオのスポーツ・ディレクターを務めた後に、スクーデリア・フェラーリというアルファロメオのレーシング・チームを起こした。そして第二次大戦後はオリジナルのマシンであるフェラーリを製造するメーカーのオーナーとなった。当初より北米マーケットにてカーマニアやアマチュアレーサー達に利益率の高いモデルを販売し、その売上をベースとしてF1などのモータースポーツへ参戦するための資金を確保するという黄金の事業構造を確立する。

エンリッチfbn6-3

レーシングドライバーとしてのスキルは平凡であったと言われているし、技術においても特筆して明るかった訳でもないエンツォがレース界の主役となれたのは、その類まれな人心収攬術と情報操作術にあったと言われる。彼は相当に個性的なキャラクターであったようだ。

エンリッチfbn6-2

日本においては歴史上の人物を美化する傾向が強い。エンツォ・フェラーリにしても日本では同様に美談が選ばれて語られているようで、物理的距離もあり、なかなか本質的な人物像が伝わっていない。しかし、モデナに住む人々の昔話を聞くと、エンツォに関して生々しいハナシも、もちろん出てくる。さらに、彼の存在がまだ全く風化していないということを強く感じる。1988年8月14日に90歳にて亡くなったエンツォであるが、その数カ月前に行われた最後のエンツォ・フェラーリ大誕生会では千人を超える元従業員を含む関係者を招き、感動的なシーンが繰り広げられた。その今から、30年前の出来事がつい昨日と思わせるように、毎年毎年、これでもかというほどエンツォのリアルなイメージをフェラーリは発信し続けている。これも皆、エンツォ本人が社訓であるかのように、自ら経営陣に刷り込んでいた戦略そのものだ。

The post 生誕120年を迎えたエンツォ・フェラーリ appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32928
プーケットの5つ星ホテル「Chivitr」https://www.enrich.jp/news/vacation_news/20181211-32982 Mon, 10 Dec 2018 23:00:26 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32982 Chivitr(タイにある5つ星ホテルチビット)は、株式会社Panacea Orientalに経営が...

The post プーケットの5つ星ホテル「Chivitr」 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
エンリッチnews181211

Chivitr(タイにある5つ星ホテルチビット)は、株式会社Panacea Orientalに経営が移り、12月1日から宿泊の直接予約を再開している。

株式会社Panacea Oriental(パナシアオリエンタル)が経営を引き継ぎリニューアルオープンするChivitr Resortは、こだわりのアンティークを贅沢にあしらった部屋と敷地が特徴的。

エンリッチnews181211-2

海辺近く、湖畔の空中庭園のような6,400㎡の敷地内は、アジアの由緒ある古い趣とイギリスのコロニアルな雰囲気が調和しており「1970年代の香港貴族になった気分になれる」と好評を得ているという。

エンリッチnews181211-3

また、同ホテルでは、プール、サウナ、マッサージのオリジナルメニューを用意。マッサージは専門教育を受け熟練の腕を持つセラピストが行い、リラクゼーションに留まらないヒーリングを提供するという。滞在中、計画的なマッサージ施術を受け、身体の癒しに重きを置きたいゲストには、三、五、七日間のリトリートコースも用意されている(要問合せ)。

The post プーケットの5つ星ホテル「Chivitr」 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32982
カード会社の会員イベントレポート 2/3https://www.enrich.jp/money/card/20181210-32732 Mon, 10 Dec 2018 00:00:18 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32732 ポイ探の菊地崇仁氏が、エンリッチ読者のライフスタイルにマッチするクレジットカード、あるいはポイントの...

The post カード会社の会員イベントレポート 2/3 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
ポイ探の菊地崇仁氏が、エンリッチ読者のライフスタイルにマッチするクレジットカード、あるいはポイントの付加価値を見出す本連載。今回は、菊地氏が10月下旬に体験した、アメックスによる京都・清水寺の夜間特別拝観イベントの模様をお伝えしよう。(1/3から読む)ーーー

エンリッチ kikuchi1812-2

アメックスが会員向けに
清水寺の夜間特別拝観イベントを開催

プラチナ系クレジットカードでは会員向けにイベントを開催し、これまでもグルメ体験などについてはお伝えしてきました。そして今回は、10月20日に京都の清水寺で開催された、アメックスの会員限定イベントに参加してきましたので、その模様をレポートします。

このイベントは、アメックスの日本支社が発行するプロパーカード会員向けの催しで、境内を貸し切り夜間特別拝観に参加できるという内容です。

募集人数は合計1030名でしたが、プランは「拝観のみ」と「拝観前に法話・落語を楽しめる」という2種類がありました。拝観のみの場合、参加費は一人当たり3000ポイントで1~4名で申し込める先着順、あるいは参加費一人当たり3240円でカード決済・抽選制のどちらかを選ぶことができ、法話・落語・拝観プランは先着順のみ。参加費一人当たり7000ポイントで1~4名が申し込み可能で、私は後者に家族一緒で参加しました。

なお、申し込みはウェブから行うのですが、先着順かつあまりの人気からか、受付初日はサイトにアクセスが集中して、なかなかつながりませんでした。なんとかできたのですが、法話・落語・拝観プランの募集人数は先着130名という狭き門。正直なところ、ラッキーだったと思います。

当日は、17時30分から受付が始まり、18時から法話・落語、19時20分から拝観というスケジュール。私も時間通りに現地に向かったところ、アメックスのスタッフが立っていて、受付を済ませてから法話・落語の会場に向かいました。

The post カード会社の会員イベントレポート 2/3 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32732
なぜ静かな場所を好むのかhttps://www.enrich.jp/mind/richethology/20181207-32840 Fri, 07 Dec 2018 00:00:37 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32840 経済的に豊かになってくると、人は静寂な環境を望むようになる。高級住宅は遮音性能が高いサッシが標準装備...

The post なぜ静かな場所を好むのか appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
エンリッチkaya1812-1

経済的に豊かになってくると、人は静寂な環境を望むようになる。高級住宅は遮音性能が高いサッシが標準装備となっているし、車内の静粛性は高級車のもっとも重要なスペックのひとつである。飛行機のビジネスクラスが基本的に前方にあるのは、後方と比較して騒音が少ないからである。

付加価値が上がると作業よりも判断の比率が上がってくる

静かな場所を好むようになる理由は明確で、付加価値が高い仕事に従事している人ほど、分析や決断といった思考を用いた仕事をしている割合が高いからである。

静粛性を実現するためには、それなりにコストがかかる。遮音性能が高いサッシは当然、価格も高い。トヨタが最高級車レクサスの前身車種であるセルシオを開発する際、振動による音をできるだけ発生させないよう、ネジ1本のレベルから部品の見直しを行ったとされている。

だが、仕事が生み出す付加価値が高ければ、それだけのコストをかけても十分にお釣りが来る。経済的に豊かになると静粛な環境を維持することが可能となり、それが次の富を生み出すので、良い循環が回り始めるという図式である。

この話についてあまり深く考えずに受け止めてしまうと、ごく当たり前の結論に思えるかもしれないが、ここには成功に関する重要なヒントが詰まっている。

実は静粛な環境を求めている人は、経済的に豊かになったので結果的に静かな環境を構築できるようになったわけではないのだ。もちろん静かなオフィスで仕事をすることができたり、ビジネスクラスに乗れるのは、成功した結果であることは間違いない。

だが、成功者の中には、経済的に豊かではない時から、できるだけ良好な環境を構築しようと努力してきた人が多い。本コラムの読者の中にも、思い当たるフシがあるのではないだろうか。

The post なぜ静かな場所を好むのか appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32840
新型 BENTLEY CONTINENTAL GT CONVERTIBLEhttps://www.enrich.jp/news/style_news/20181206-32920 Wed, 05 Dec 2018 23:00:28 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32920 Bentleyが新型Continental GT Convertibleを発表した。 第3世代となる...

The post 新型 BENTLEY CONTINENTAL GT CONVERTIBLE appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
エンリッチ news 181206

Bentleyが新型Continental GT Convertibleを発表した。 第3世代となる新型車は世界をうならせるグランドツアラーを作り続けてきたベントレーの技の結晶といった仕上がりを見せている。ルーフの開閉時どちらも優美なスタイリングのエクステリアは、くっきりとした逞しいラインがアクセントになっている。

Bentley MotorsのAdrian Hallmark会長兼CEOは次の様にコメント。「視線を惹きつける優雅なアンダーステートメントと納得のエンジニアリング、新型Continental GT Convertibleが持つ桁外れの実力は唯一無二であり、この誇り高き英国ブランドでなければ生み出せないものです」

「当社は1919年の創業以来、最上級のグランドツアラーを製作し続けてきました。創業100周年に向けて人気のシリーズに仲間入りするのがContinental GT Convertibleであり、ラグジュアリーブランドの技術の粋を集めた世界最先端かつ最強のモデルです」

このモデル専用のコンバーチブルルーフは50 km/h以下での走行中は、わずか19秒で開閉する。ルーフの操作はボタンに触れるだけで、Continental GT Convertibleがクーペからオープントップのグランドツアラーへと変身する。

ファブリックルーフのカラーは7種類で、伝統的な雰囲気のツイードが初めて加わった。

新設計の温かさ、静かさともに先代より向上したネックウォーマーの他、ステアリングホイールヒーター、シートヒーター、新設計のアームレストヒーターといった充実の装備により、どんなシーンでも至高のドライビングを満喫する事ができる。

エンジンはパワフルなBentley 6.0リッターW12で、最高出力635 PS、最大トルク900 Nm、0-100 km/hは3.8秒、最高速度333 km/hを誇る。

新型Continental GT Convertibleの日本での希望小売価格は28,180,000円(税込)で、デリバリーは2019年第3四半期を予定している。

The post 新型 BENTLEY CONTINENTAL GT CONVERTIBLE appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32920
【25】なぜ、年齢とともにインカムゲインを重視すべきなのか?https://www.enrich.jp/money/moneycafeplus/20181205-32782 Wed, 05 Dec 2018 00:00:36 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32782 資産デザイン研究所代表の内藤忍氏が、資産形成にまつわる悩みや質問に答える、本シリーズ。今回は「インカ...

The post 【25】なぜ、年齢とともにインカムゲインを重視すべきなのか? appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
資産デザイン研究所代表の内藤忍氏が、資産形成にまつわる悩みや質問に答える、本シリーズ。今回は「インカムゲインの重要性」がテーマ。歳を重ねるとキャピタルゲインではなく、インカムゲインを重視すべきと内藤氏はアドバイスしますが、その理由とは?ーーー

なぜ、年齢とともにインカムゲインを重視すべきなのか?

Q(質問者):資産運用の目的には「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」「タックスメリット」の3つがあると思います。果たして、どれを重視すべきでしょうか。

エンリッチnaito25

A(内藤氏):ご質問ありがとうございます。タックスメリットは年齢による重要度は変わりませんが、キャピタルゲイン(値上り益)とインカムゲイン(定期的な収入による利益)に関しては、20代、30代のうちはキャピタルゲイン重視、40代から50代を超えてく
ると、インカムゲインに軸足を移すべきだと思います。

キャピタルゲインは、短期的に高いリターンが期待できる反面、下落のリスクも大きくなります。一方の、インカムゲインはキャピタルゲインのような爆発力はありませんが、卵を産むニワトリのように、定期的に安定した収入をもたらしてくれます。

そこで、年齢を重ねシニアになればなるほど、将来の収入に対する不安は高くなるばかりです。現金を1億円持っていても使ってしまえば、残高は減ってしまいますし、不安がある人はいくら現金を持っていても怖くて使うことができません。現状、日本で資産を多く持っているのは高齢者ですが、彼らも病気や介護といったリスク、使うと減るだけのお金をなかなか消費に回すことをせず、ここからもキャッシュがあっても安心はしないという国民性が透けて見えます。

また株式のような金融資産で運用していると、資産が短期間に急激に減ってしまう不安も消えません。かつては、ギリシャ問題や中国の株価急落でヒヤリとした人は多かったでしょうし、最近も米中の貿易戦争の影響などで日本の株式市場は乱高下しました。

一方、債券や不動産から得たインカムゲインは、入ってきたお金を使ってしまっても元の資産が無くなる訳ではありません。コップに入った水を全部飲んでしまうのではなく、コップから溢れた分だけ飲んで、また水が湧いてくるのを待っている。そんなイメージです。

The post 【25】なぜ、年齢とともにインカムゲインを重視すべきなのか? appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32782
「The Prince AKATOKI」が中国・広州に進出https://www.enrich.jp/news/vacation_news/20181204-32915 Mon, 03 Dec 2018 23:00:22 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32915 株式会社プリンスホテルの子会社であるStayWell Holdings Pty Ltd(本社:オース...

The post 「The Prince AKATOKI」が中国・広州に進出 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
エンリッチ news 181204

株式会社プリンスホテルの子会社であるStayWell Holdings Pty Ltd(本社:オーストラリア・シドニー 以下「StayWell」)が中国で展開するホテル運営子会社StayWell Hospitality Management Limitedは、Guangzhou Xiehe Precision Medical Co., Ltdと新ホテルの運営受託に関する契約を2018年11月19日(月)に締結した。

ホテルは同社が海外で展開するラグジュアリーブランド「The Prince AKATOKI」として、2019年冬以降、中国・広州に開業する。「The Prince AKATOKI」ブランドのホテルは、イギリス・ロンドンに次ぐ2店目となる。

エンリッチ news 181204-2

広州は、北京、上海に並ぶ中国三大都市のひとつであり、珠江デルタ北部の港湾都市として産業が集積し、大きな経済的発展を果たしている。また医療の分野でも発展し、バイオメディカル産業のハブとして今後更なる成長が期待できる都市。ホテルは広州国際バイオアイランドに位置し、標準49㎡のゆったりとした客室、全275室のほか、レストラン・バー、会議室、SPA、プール、ジム、クラブラウンジ、ビジネスセンターを有す。また、ホテルにはメディカルセンターも併設されることから、療養目的や医療関係者をメインターゲットとして、ラグジュアリーな空間を提供する。

新ブランド「The Prince AKATOKI」は、世界中のラグジュアリー層をターゲットとし、日本の文化的要素を取り入れたサービスを提供することを目指したブランド。今後も世界の主要都市でブランドを展開するという。

The post 「The Prince AKATOKI」が中国・広州に進出 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32915
カード会社の会員イベントレポート 1/3https://www.enrich.jp/money/card/20181203-32696 Mon, 03 Dec 2018 00:00:03 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32696 ポイ探の菊地崇仁氏が、エンリッチ読者のライフスタイルにマッチするクレジットカード、あるいはポイントの...

The post カード会社の会員イベントレポート 1/3 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
ポイ探の菊地崇仁氏が、エンリッチ読者のライフスタイルにマッチするクレジットカード、あるいはポイントの付加価値を見出す本連載。2018年最後は、菊地氏が足を運んだ、カード会社が実施した会員向けのイベントの様子を報告する。ーーー

エンリッチ kikuchi1812-1

エンリッチ読者の皆さん、ポイ探の菊地崇仁です。前回は、JALカードから新たに登場した、エアラインと電車の両方の利用で付加価値の高い「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の概要、さらにJAL、ANA各社のマイル特典に対するルール改正、シンガポール航空が始めたマイルを使ったデジタルウォレットのサービスについて取り上げました。なかでも、マイルによる特典航空券の予約ルールの変更は、多くの方に関係するトピックです。こういった情報は、今後も定期的にお伝えしたいと思います。

アメックス・プラチナの
メタルカードが日本上陸!

本題に入る前に、今回は「アメックス・プラチナ」の新たな動向を紹介します。なんと、アメリカ、オーストラリアに次いで世界3番目に「メタルカード」を日本で発行することが決まり、10月半ばから新規受付を始めました。

アメックス・プラチナの既存ホルダーに対しては同意書が郵送され、承諾すればメタルカードに切り替えることができ、私はそうするつもりです。ただしこの場合は、プラスチックカードとカード番号が変わり、公共料金など各種引き落とし先にしていると手間がかかってしまいます。プラスチックカードをそのまま使うことはできますし、切り替えたとしても数カ月間は併用できるようなので、その間に手続きをすませてしまいましょう。あるいは、カードの有効期限まで待てば、同じ番号のメタルカードが送られてくる可能性もあります。

気になるカードフェイスですが、基本的にこれまでのアメックス・プラチナを踏襲していて、中央には象徴となるセンチュリオンが配置、ICチップも搭載、ただしロゴや会員取得年はレーザー刻印になっています。

大きく変わった点は、カード番号が表面ではなく、裏面に表記されたということです。これにより、表面のデザインがスッキリした印象ですし、いまは店頭決済でもカードリーダーに通すことがほとんどですから、あえて表に載せる必要はありません。個人情報に配慮したということも考えられるでしょう。

The post カード会社の会員イベントレポート 1/3 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32696
セントレアがSKYTRAX社の5スターを獲得https://www.enrich.jp/news/vacation_news/20181201-32878 Fri, 30 Nov 2018 23:00:39 +0000 https://www.enrich.jp/?p=32878 中部国際空港セントレア(愛知県常滑市)は、英国の航空業界専門格付会社SKYTRAX社(*1)が実施し...

The post セントレアがSKYTRAX社の5スターを獲得 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
エンリッチ news 181201

中部国際空港セントレア(愛知県常滑市)は、英国の航空業界専門格付会社SKYTRAX社(*1)が実施した格付けにおいて、リージョナル空港部門(*2)で世界最高水準の格付け「5スターエアポート」の評価を獲得した。「5スターエアポート」の獲得は昨年2017年に続き2回連続。

今回の受賞は、外国人旅行者の増加などによるニーズの変化に対応するため、空港全体が一体となり改善を続けたことが高く評価されたという。

SKYTRAX社による格付けは、500以上のサービス項目の調査に基づいて行われるもので、今回の調査では、「空港スタッフによるサービス」「空港内の清潔さ」「トイレの設備」などの項目で特に高評価を得た。

エンリッチ news 181201-2

なお、SKYTRAX社より毎年発表され、これまでセントレアが「The World’s Best Regional Airport」(2015年から4年連続)、「Best Regional Airport-Asia(2011年から8年連続)」に選ばれている顧客サービスに関する国際空港評価「WorldAirport Awards2019」は、2019年3月発表予定。

(*1)SKYTRAX社:1989年創立、英国ロンドンに拠点を置く航空業界の格付け会社。
(*2)リージョナル空港部門:首都圏以外の空港で、国内線ならびに飛行時間が6時間程度に収まる国際線や少数の大陸間路線が運航されている空港が対象。

The post セントレアがSKYTRAX社の5スターを獲得 appeared first on ENRICH(エンリッチ).

]]>
32878